2010年04月27日

男児がライターで火遊び 警報器作動し消火 葛飾(産経新聞)

 金町消防署は21日、葛飾区内のアパートで、子供が使い捨てライターで火遊びをしたことが原因で火災があったと発表した。この部屋は住宅用火災警報器が設置されており、ぼやで消し止められたという。

 金町消防署によると、20日午後11時ごろ、葛飾区南水元のアパート2階で30代の母親が就寝中、火災警報器が作動。母親が居間に行くと、車のおもちゃが焼けていた。母親はバケツで水をかけ、ぼやで消し止めた。けが人はなかった。就学前の長男が使い捨てライターで火遊びし、おもちゃに燃え移ったという。

 1日から一般家庭でも住宅用火災警報器の設置が都条例で義務づけられ、女性方でも3月に設置したばかりだった。金町消防署によると、警報器がなければ大きな被害になった可能性もあったという。

【関連記事】
子供の火遊び火災、5年で約200件も ライター火災の報告1件 茨城
「聖火ランナーのまねをしようと…」竹ぼうきに火を付けた少年ら逮捕
幼児事故多発で100円ライター消えるかも?
消えたはずのライター…思わぬ着火で事故多発
火遊びで引火? 長女が以前ライター使い注意 車炎上、子供4人死亡

<偽1万円札>北海道・函館のスーパーなどで8枚見つかる(毎日新聞)
<日本版GPS>衛星1号機「みちびき」公開 今夏打ち上げ(毎日新聞)
陸自施設で誘導弾誤発射 群馬 (産経新聞)
ジオス破産申請、受講生ぼう然・講師も戸惑い(読売新聞)
寒さも何の ジョッキ片手にタイガース応援 大阪でビアガーデンオープン(産経新聞)
posted by イチジヨウ カズアキ at 16:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

団鬼六さんが食道がん公表(時事通信)

 作家の団鬼六さん(79)が食道がんになっていたことが23日までに分かった。発売中の「小説新潮」5月号に掲載された手記「残日録・春―我、ガンになりたり」で公表した。
 今年1月、のどに異常を感じ、検査して分かった。「5年生存率が60%」と言われた手術は受けずに、「同20%」の放射線治療を選んだという。自身のホームページでは22日付でコメントを発表。「治療経過、至って良好。我は死なぬ為に延命するは望まず。大いに仕事し、大いに楽しみ、生を満喫するために死ぬまで生きることを欲す」などと記している。
 団さんは慢性腎不全も患っており、当初人工透析を拒否したが、約3年前から同治療を受け入れ、執筆を続けている。 

【関連ニュース】
反対集会に1万5000人=「島の未来、壊さないで」
地球1周マラソンを一時中断=間寛平さん、治療のため米国へ
最期まで執筆に意欲=3女でこまつ座社長の麻矢さん
受け入れ拒否が大幅減=救急搬送で妊婦・新生児
がん治療費、年133万円=患者7割「負担大きい」-NPO調査

普天間移設 徳之島住民「命がけで反対する」(毎日新聞)
介護サービス受給者、前月比1万人減―給付費実態調査・2月審査分(医療介護CBニュース)
【私も言いたい】「郵政改革案」 「民業圧迫だ」7割に(産経新聞)
万引き容疑、警官見るなり自分の胸刺す…男死亡(読売新聞)
土壌汚染処分費15億、支払い拒否 業者らURを提訴 大手町の再開発事業(産経新聞)
posted by イチジヨウ カズアキ at 08:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

アスベスト被害で2400万円賠償命令 介護に慰謝料初認定 大阪地裁(産経新聞)

 アスベスト(石綿)粉塵(ふんじん)の対策が不十分だったため、石綿肺や肺結核にかかったとして、車両部品製造会社「渡辺工業」(大阪府和泉市)に、元従業員の松本ケイ子さん(80)と長女(63)が計3630万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が21日、大阪地裁であった。田中敦裁判長は「自らの仕事を犠牲にして、寝たきりの母親の介護を余儀なくされた」として、介護していた長女への慰謝料110万円を含め、計2400万円の支払いを命じた。

 弁護団によると、アスベスト関連訴訟で介護に対する慰謝料が認められたのは初めて。

 判決によると、松本さんは同社で昭和39年から約21年間勤務し、車両のクラッチ部品を削って研磨する作業に従事。部品には石綿が含まれ、研磨の際、石綿粉塵が飛散していたが、同社は石綿の危険性の告知やマスク着用を指導していなかった。

 長女は石綿肺などにかかった松本さんの介護のため、1年の3分の1以上、欠勤や遅刻せざるを得なくなり、平成20年7月に勤務先を依願退職した。

 判決後に会見した長女は「渡辺工業は、判決を真摯(しんし)に受け止め、母が亡くなるまでに1日でも早く謝罪してほしい」と訴えた。 

 松本さんは泉南アスベスト国賠訴訟の原告も兼ねており、同訴訟は来月19日に判決が言い渡される。

 渡辺工業の話「被害者には治ってほしいが、石綿被害は国の長年の対応の不備が原因。経済成長を優先させ、国が大企業の声に耳を傾けたことで規制が遅れた。正しい情報が早く伝わらなかった労働者や小企業は共に被害者で、健康被害の責任の大部分は国にある。国の責任こそ明らかにすべきだ」

【関連記事】
京都の建設労働者がアスベスト被害者の会設立へ
石綿禍、2審も原告勝訴 近鉄に賠償命令
四輪バギーにアスベスト スズキが回収へ
「石綿で死亡」と四電を提訴 遺族が3300万円の損害賠償求める 高松地裁
石綿肺発症を初確認 クボタ旧神崎工場周辺の住民

政治とカネ「来週に決着する」その真意は?(産経新聞)
「悪い宝くじ」「電車で知った」=火山噴火で欧州便、相次ぎ欠航−成田空港(時事通信)
教員人事権5市町が受け入れPT 大阪、連休明け発足(産経新聞)
ラグビーW杯の誘致めざし、東大阪市が来月から署名活動(産経新聞)
<野菜高騰>政府、対策に乗り出すも価格安定は5月以降か(毎日新聞)
posted by イチジヨウ カズアキ at 04:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。